RSSアイコン
スリランカから旬の紅茶を直輸入で販売しています。店舗では紅茶とスリランカカレーがお楽しみ頂けます。(Tel048-622-5931 埼玉県さいたま市大宮区三橋4-233-2)
スリランカ紅茶専門店『紅茶屋さん』

店長の茶飲み話-talk-2                                    
                                                                                                                            戻る    

 talk-1へ




 第38回・・・2013年0915日・・・ブログはじめました。
 今日は嵐の一日でしたね。気持ちはあったのですが、なかなかすすまず気がついたら、2年もたってしまいました。ブログをはじめました。
            ↓
http://tealanka.kouchayasan.raindrop.jp/

 第37回・・・2013年08月29日・・・小さな芽
スリランカ料理には、欠かせないカレーリーフことカラピンチャが1本枯れてしまったとがっかりしていたところ、小さな芽を持ったカラピンチャが芽生えていました。びっくりです。今年の夏は、百年に1度の暑さの中、さすが南国生まれのカラピンチャ、見事に復活してくれました。
これから、寒さに向かいます元気に育ってほしいと思っています。

 第36回・・・2013年08月15日・・・収穫と虫さされ
 今日は、1日手や足、背中、身体のあちこちがか痒くて痒くて状態が続いています。原因は、ネコの額ほどの庭の草とりをしたせいです。完全防備でのぞんだつもりですが、どこからか虫が入り込んだのだろうか?それとも、雑草にかぶれたのか?生憎く行きつけの病院は、お盆休みで休診中。明日まで待つてどうしても我慢が出来なければ行くしかない。そんな思いをしながら草取りをしていて思わぬ収穫にあり着いたのが、この茗荷。
さあ今晩どう料理をしよう。

 第35回・・・2013年08月01日・・・夏まつり
 今日は、我が町大宮の夏まつりです。さいたま市大宮にある氷川神社の夏まつりは、子供の頃、夏休みの大変楽しいイベントでした。我が家は、住宅地だったので町内には、商店街のような立派な御神輿や山車等はなく、子供の山車があった位でしたが、それでも町内を練り歩くの楽しかったです。
1とき、交通事情などから祭りもさびしい時がありましたが、何年か前からにぎわいも復活しましたが、この頃は、神輿を担ぐ地元の若い衆がめっきり少なくなり、他地域の神輿保存会とかの団体が、神輿担ぎを請け負って担ぐようです。時代が変わったんですね。

 第34回・・・2013年07月23日・・・悩み
 日頃、悩みなどないと自負していたのだが、新たな世界に入ったら、悩みがどんどんわいて来る。
悩みは、自分で解決するしかないと思いつつも、この重い気持が暑さにと重なり、やる気の無さが益々増長している。まあいいか、なるようになるさと思う事にしよう。

 第33回・・・2013年06月05日・・・癒しの空間ティーサロン再開
 長らくご迷惑をおかけいたしました。ティーサロンを再開いたしました。
これからは、ゆったりと紅茶を楽しんで頂けるように「癒しの空間ティーサロン」といたしました。
スリランカ紅茶を主に甘い物ばかりではなく、セイバリーなフードも加えてまいります。
営業日、内容等もも色々な形でご提供してまいります。詳しくは、ティーサロンのお知らせコーナーからご確認ください。

 第32回・・・2013年05月15日・・・店舗リニューアルのお知らせ
5月末より店舗がリニーアル致します。今まで、店舗では、紅茶の試飲飲みでしたが、以前と同様にティーを楽しむ事が出来るようになります。メニューも新たにフード類も加えようと思っております。
詳しくは、ページ上でお知らせいたしますので、チエックして下さいね。

 第31回・・・2013年5月01日・・2013年度新茶入荷
このところ、茶飲み話をしているまなくあっちこっちと動き回り、すっかりご無沙汰しておりましたが、2013年度産・新茶が入荷してまいりましたのでお知らせ致します。
今年は、例年になく雨が多くあまり関心しない出来栄えとの情報でしたので、期待はしていなかったのですが、なぬ!なぬ!期待はずれと思いきや、何のなんのとても美味しい!ではないですか?

第30話・・2013年03月02日・・芸術文化音楽鑑賞-3
 前回-2の音楽隊の演奏会でゲストに米国空軍太平洋音楽隊-アジア「パシフィック・ショーケース」と言う音楽隊でした。この音楽隊は、アメリカ空軍が正規に編成した音楽隊の一つで、国境を越えた音楽親善大使として国際交流を目的に演奏活動を行っているそうです。
この音楽隊の指揮者は女性で隊長だそうです。女性の隊長や指揮者は、珍しく五年前までは女性は
0人で現在(2013)3名いらっしゃるとのことでした。

この音楽会でドビッシーの「亜麻色の髪の乙女」の演奏があったのですが、聞きながら紅茶に「亜麻色の紅茶」と言うのがあったと思いだしました。「亜麻色の紅茶」ご存知でしょうか?「キャンブリックティー」と言うと分かる方も多いかと思います。「キャンブリックティー」は、ミルクティーに蜂蜜を加えたもので、ミルクティーよりもコックリとした水色になり「亜麻色」になることからこう言われているようです。

たまには、芸術鑑賞に浸るのも良いものですね。

さて次は、どんな芸術鑑賞のお話をお伝えする事が出来るでしようか?楽しみです。


第29話・・・2013年02月24日・・・芸術文化音楽鑑賞-2
 さて、前回は、吹奏楽の演奏会に行ったところでお話が終りましたが、続きです。

吹奏楽の楽団は埼玉警察音楽隊の演奏で、曲目にルパン三世、踊る大捜査線やジャパニーズ・グラフティ時代劇絵巻と題してテレビドラマのテーマ曲で水戸黄門・銭形平次・大江戸捜査網・大岡越前・暴れん坊将軍と、お硬い警察音楽隊とは思えぬ選曲で楽しい音楽会でした。ちなみにルパンは、泥棒ですがルパンを追いかける銭形警部は、埼玉県警の警察官で、初赴任地が埼玉県警西大滝町派出所(架空)とか? ご存じ、銭形平次の子孫で警視庁の敏腕警部、ルパンを捕まえるのを生き甲としているとの事。

この警察音楽隊は、ポリス・コンサートと言うのを、年数回行っているそうです。


 第28話・・・2013年02月16日・・・ 芸術文化音楽鑑賞-1
 今年は、例年になく新年から芸術文化のお誘いがあり、先月は、新派の新春公演にご招待を受け、昭和24年に映画化された舞台版でした。劇中で「お紅茶を入れて参りますわ」等と頻繁にお紅茶と言う言葉が出てきて、戦後間もない時期なのにコーヒーではなく、その頃の良家では、やはり紅茶だったのねと独りで納得してしまいました。

2月初めに知人が、「家ギャラリー」を始め、コレクションの絵画等を展示したので見に来いとお誘いがあったり、今日は、吹奏楽の音楽会に誘われ聞きに行ってきました。

次回に続く


 第27話・・・2013年02月12日・・バレンタインデイー
2月14日は、バレンタィンディー今や若者たちの大イベンに定着していますが、この時期は、チョコレート屋さんが大繁盛でしようね。私たちの青春時代は、チョコレートをあげるのにとても勇気がいりましたよ。
うちの旦那さんなどは、あまりもてる方ではなかったので、奥さん(私)からのチョコをあてにしてました。(結局は、私が食べるので、わたし好みのチョコにしましたが・・・)こういうイベントがあるのって良いですよね。貰えた人も、もらえなかった人も過去の事になればよい思い出にもなりますし、今、自分の息子、娘や孫達のドキドキするバレンタィンデイーを見てるのはとてもホンワカした気分になります。
想いを伝えたい方がいる人は、今年は、ぜひ勇気を持ってチョコを渡しましょう。

 第26話・・・2013年01月29日・・・ポリ袋料理
2013年も1カ月過ぎようとしてますね。今年も相変わらず食い意地が張ってます。
昨年後半から、ポリ袋料理と言うのが、話題になっており、店長も早速、先日、体験に行ってきました。(兎に角新し物好きな店長です)

ポリ袋料理は、真空調理法とも呼ばれ、また、別名低温調理とも言われているそうです。
そもそもの起こりは、1960年頃、スエーデンの病院でスタートしましたが、機器、コスト、味の面で問題が多く普及しなかった様です。その後、1979年フランス人によりファグラのテリーヌの目減りを防ぐ調理法として開発され、1980代半ばフランスのジョエル・ロブション氏が高級列車の食堂に採用した事がきっかけで急速に広まり、日本では、1986年に真空料理を開発され、フランス料理界で注目され、一時的に盛り上がりましたが、その後低迷、しかしバブル崩壊とともに効率性で再び注目され、安全でおいしい食事が提供可能なことから、病院、老人施設などで現在注目されている調理法との事、本格的な真空調理は、プロ等が取り入れているそうですが、ポリ袋料理方は、家庭でも気軽にできる方法を開発されたものだそうです。

道具も特に特殊なものを使うわけではなく、ポリ袋と鍋だけで水を沸かしたお湯の中に、食材と調味料を入れたポリ袋を湯の中に入れて茹でるだけのごく簡単な料理法です。
今回、店長が体験したのは、カレーとクリームシチューでした。わがままな受講生のリクエストでお粥とサバの味噌煮をゴチになりました。早速、復習で店長オリジナルのヘルシーチキンティカを作ってみました。出来栄えとレシピは、次回にご報告したいと思います。


第25話・・・2013年01月05日・・・今年はどんな年?

明けましておめでとうございます。今年は、どんな年になるのでしょう?
今年も元気にお仕事頑張りたいと思います。そして、昨年に続き世界の家庭料理に挑戦していきたいと思います。春先には、紅茶屋さんで世界の家庭料理風の物が食べられるかもしれませんよ。

昨年末、エチオピア料理教室でこんな話がありました。
エチオピアは、1年が13ケ月あるそうです。日本の場合、偶数月と奇数月、そして2月が28日とうるう年で365日となりますので、1年が12ケ月と言う事は、どなたも御存じの事と思いますが、エチオピアでは、12ケ月がきまった日数で、残った日数が13ケ月目となるそうです。13ケ月目が5日しかなかったとしてもその5日間が1ケ月と言う事になるようです。(世界は、色々ですね。)今年も面白い発見をしてみたいです。

Copyright(C) 紅茶専門店 紅茶屋さん. All right reserved.